恵比寿の住環境について

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿は東京都渋谷区の地名で、駅東部周辺の1丁目から4丁目まであります。駅西部周辺、南部周辺、目黒区三田の一部までまで含めた地域が恵比寿として呼び示される。地名のエビスビールに由来します。ビール工場の本拠地としてビール広場、ビール板、ビール橋などの名称が残っています。ローマ字表示の場合にもエビスビールの商標と同じ表記がされることがあります。1994年にはビール工場跡地の再開発事業としてガーデンプレイスが開業し街は大きな変貌を遂げました。現在はお洒落な街や住みたい街として取り上げられることもあります。

江戸時代は下渋谷村、三田村と呼ばれており渋谷川と三田用水に挟まれる農村地域で大名の下屋敷が点在しているところでした。明治以降、1887年に麦酒醸造会社が工場取得用地を取得、2年後の1890年に発売されたビールは人気を博しました。1891年にはビールの運搬のために貨物駅が開設されました。1906年には貨物駅のそばに同名の旅客駅が開設されその時に駅の東側から白金に向かう現在のバス通り沿いに恵比寿通り1丁目、2丁目という町名が付けられたのが1928年のことでした。その後何度か地名改正があり他に隣接する町などを統合して現在の地名に至りました。

ガーデンプレイスはオフィスビルやデパート、レストランや集合住宅の高層ビル、美術館などで構成されており事業主であるビールメーカーの本社も所在します。入口は駅から約400メートル南に有り、駅とは動く歩道で結ばれています。施設の北側半分は渋谷区、南側半分は目黒区に所在します。また国土交通省の都市景観100選を受賞しています。毎年クリスマス前後の11月から翌年の1月にかけて、約10万灯の電飾によるクリスマスイルミネーションが実施されます。これに合わせて世界最大級のシャンデリアが設置され毎年の名物となっています。

恵比寿駅はJR東日本の山手線、埼京線、湘南新宿ラインと東京メトロの日比谷線が乗り入れており接続駅となっています。JRは島式ホーム2面4路線がある高架駅になっています。山手線と埼京線、湘南新宿ラインとのホームが離れている駅が多いため、当駅で乗り換える乗客も多いです。1995年11月から導入されている傾斜式タッチパネル式自動券売機は当駅東口が最初の導入場所でした。導入当初はテンキーが設置されておらず目の不自由な利用者を中心に不便なことがありましたが後の小改良で改善されました。東京メトロは2面2線を有する地下駅でかなりホームが湾曲しています。

▼おすすめリンク

恵比寿の高級賃貸を探す
恵比寿のタワーマンションを探す

ピックアップ記事

  1. 女性の単身者も安心して暮らせる高級マンション ザ・パークワンズ山吹神楽坂 [map addr="…
  2. 単身者のテレワークの利便性に配慮している高級マンション [map addr="東京都新宿区新宿7-…
  3. 一人暮らしの方の快適空間を演出 リテラス本所吾妻橋 [map addr="東京都墨田区東駒形4-…
  4. 好立地のプラウドフラット菊川 プラウドフラット菊川 [map addr="東京都墨田区立川4-5…
  5. 快適で安全な生活をお届けする「ライトテラス秋葉原」 ライトテラス秋葉原 [map addr="東…
  6. 落ち着いた住環境で東京スカイツリーも程近い HF八広レジデンス [map addr="東京都墨田…
  7. 単身者にゆとりある暮らしを提供する ライトテラス錦糸町 [map addr="東京都墨田区太平4…
  8. 2路線が使えるマルチアクセス 墨田区太平4丁目アドレスで、横十間川に寄り添う好立地に建つのが、高級…
  9. 都心の近くで優雅な生活ができる「レジデンス八丁堀」 ≪KDXレジデンス八丁堀≫ [map add…
  10. プラウドフラット中野の特徴・周辺環境 プラウドフラット中野 [map addr="東京都中野区中…

カテゴリー

固定ページ

ページ上部へ戻る