駒沢大学駅の住環境について

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園

駒沢大学は渋谷から田園都市線で3つ目の駅です。渋谷から伸びる国道246号線の真下に地下鉄化された電車が走っており、国道246号線の北と南に住宅街が広がっています。住所は大多数の家庭は世田谷区になりますが、駅の南東方向の住宅街だけは目黒区になります。世田谷区に位置する町名には、駒沢、深沢、野沢と沢の付く町名が目立ちます。このあたりの地形は広大な丘陵地となっています。国道246号線は渋谷からなだらかに上り、最高の標高を超えると多摩川に向かって緩やかに下っていきますが、最も標高の高い所に位置するのがこの街です。

駒沢大学は、近隣の駅と比べると最も標高の高いところに位置することと、国道246号線(玉川通り)、自由通り、環状七号線、駒沢通りといった大きな道路が整備されていることから、街全体が明るく感じられます。また、駅の南には駒沢オリンピック公園があり、地域住民の憩いの場所として親しまれています。この街は、駅名のとおり駒澤大学キャンパスの所在地です。このことから昼間の街には学生のエネルギーが溢れています。また、学生向けの低価格帯の居酒屋も多く、夜遅くまで若者たちの活気が感じられます。この街の住環境は「若さあふれる街」と言えます。

この街に住む人については、20歳前後の学生層とともに、子供のいるファミリー層が目立ちます。駅の近くには大きなスーパーマーケットがあり、家庭の主婦の方が日々の食材を買い求めている姿を目にしますが、お母さんに付いて歩く小さなお子さんの姿が目立ちます。この街の特長は、手軽に入れる飲食店がたくさんあることです。ファーストフードはもちろんのこと、定食屋、ファミリーレストラン、居酒屋などの飲食店が並んでいます。特に個人経営の飲食店では学生向けに低価格帯でメニューを提供しているお店が多く、多くのお客さんで賑わっています。

駒沢大学は田園都市線で渋谷から3つ目の駅であり、交通の便のとても良い街です。田園都市線は渋谷で東京メトロ半蔵門線と乗り入れていますので、表参道・青山近辺や九段下、神保町、大手町などのビジネス街に乗り換えなしで行くことができます。山手線の外にありながら都心に出やすい住環境が、この街にビジネスパースンの流入を促進する要因となっています。また、半蔵門線の終点の押上駅は東京スカイツリーの最寄り駅となっています。今、東京で最も注目度の高い観光スポットが直通で行けることも、この街の人気に拍車を掛けています。

▼おすすめリンク
駒沢大学の高級賃貸を探す
駒沢大学駅のグルメ情報

ピックアップ記事

  1. 単身者向けの生活利便性を重視したマンション LIBR GRANT 神楽坂 [map addr="…
  2. 都心部で閑静な住宅街に建つ バウスステージ高田馬場 [map addr="東京都新宿区高田馬場4…
  3. 2021/2/11

    プリムス青柳
    プリムス青柳で快適な暮らしを [map addr="東京都文京区関口1-21-15" width=…
  4. 便利さと親しみやすさを両立する ブランシエスタ森下 [map addr="東京都墨田区千歳1-6…
  5. 電気街だけではない、歴史も感じる町に住まう LUXENA AKIHABARA [map addr…
  6. 生活スタイルに合わせた生活ができる バウスフラッツ品川大井町 [map addr="東京都品川区…
  7. 落ち着いた環境の低層マンションで豊かな暮らし ホワイトガーデン久我山 [map addr="東京…
  8. フィットネスジムも備える「ブランシエスタ両国」 ブランシエスタ両国 [map addr="東京都…
  9. 都心の喧騒から一歩引いた閑静な住環境「サンハイム雪谷大塚」 [map addr="東京都大田区南雪…
  10. ディームス東陽町Ⅱだからこそ実現出来る豊かな暮らし ディームス東陽町Ⅱ [map addr="東…

カテゴリー

固定ページ

ページ上部へ戻る